埋没法と切開法

エステシャン

二重まぶたの施術とは

プチ整形とは、比較的手軽に行うことができる美容整形のことです。一般的にはメスを使わないで行う施術のことです。福岡にもプチ整形を行う美容外科は多く、博多や天神など福岡市の中心部にクリニックが集まっています。プチ整形の代表的なものとして、二重まぶた形成術が挙げられます。二重まぶたにする方法にはいくつか種類があります。特に糸で留めてラインを作る埋没法は、メスを使わないためプチ整形の1つに数えられます。埋没法ではぱっちりした二重まぶたから、ナチュラルな二重まぶたまで様々な形に対応できます。そのため、カウンセリング時になりたい二重まぶたについて、医師としっかり話し合わなければなりません。ところで美容整形というと、一度施術すれば元には戻れないというイメージを持つ人が多いです。しかし埋没法の場合、留めている糸を外してしまえば、まぶたは元通りになります。再度カウンセリングをすれば、施術をやり直すことが可能です。もし時間とともになりたい二重まぶたの形が変わるかもしれないと考えたら、埋没法を採用してみると良いかもしれません。メスを使わない施術ですが、局所麻酔するので痛みを感じることはほとんどないです。局所麻酔に使う針も細いものを採用しているので、注入時の痛みもあまり感じません。

美容整形外科を受診する人が増えていますが、その中でも二重まぶたを希望して施術を受ける人はとても多いです。二重まぶたにする方法にはいくつか種類がありますが、大きく分けるとメスを使う切開法と、メスを使わない埋没法が挙げられます。どちらの方法も福岡にある美容整形外科で施術することが可能です。全国展開している美容整形外科の多くは、博多などに福岡院を構えていることがあります。切開法とは、希望する二重のラインに沿って皮膚を切開し、必要に応じて脂肪や筋肉などを調整する施術方法です。半永久的な二重を作る治療です。当然ながら切開をすると、その部分は傷が残ってしまいます。しかし、まぶたの傷は丁寧に縫合すれば、時間が経過するとともに目立ちにくくなるケースが大半です。また、切開法を選択することで、ナチュラルな二重まぶたの構造に近づけることも可能です。一方、埋没法はメスを使わないためプチ整形として人気があります。糸を留めて二重まぶたを作りますが、腫れや出血を最小限にとどめることが可能です。また糸を留める箇所にもよりますが、施術は比較的短時間で済みます。一般的には両目で20分程度といわれています。いきなりメスを使う施術は怖いから、まずはプチ整形の埋没法から試してみるという人も少なくありません。

Copyright© 2020 二重埋没法の糸玉の後処理については改良を重ねたこと All Rights Reserved.